クチコミ 2017.12.21 (木)


DSCN4205.jpg


私は外へ買い物に行く際には、予想外の降り始めに合う事はよくある為、雨が降っているいないに関係なく常に折り畳み傘を入れています。

これまで利用してきた折り畳み傘も、もう9年程は利用し続けていたのですが、流石に布が敗れてる部分もあったりするので、そろそろ新しい折り畳み傘に買い替え時かなと、大分前から考えていました。

今回はこちらの折り畳み傘[超撥水アンブレラ colontコロント]の使いやすさや特徴を、これまで利用してきた折り畳み傘と比較して検証します。

まず、折りたたんでいる状態の時点で既に長さに大きく差があります。

DSCN4206.jpg

この時点で、既に価値観の違いを感じてしまいましたが、大きさは重用ではなく、

DSCN4207.jpg

この[超撥水アンブレラ colontコロント]は水を弾き返す事が大きな特徴です。

弾き返すと商品にかかれていても、実際はちゃんと弾き返しきれていない傘ってありますよね・・。

あとは自分で振り払って下さいねって感じで、ガッカリさせられたり。

この商品の弾き返す威力がどれ程の物なのかはのちのち検証しますので、

まずは前の傘との違いを理解したいと思います。

DSCN4213.jpg


比較してまず、大きな違いとしては持つ部分のサイズの違いです。

手で持ちやすくなり、普通の傘に近い程の長さがあります。

あと、何気にいい素材とデザインなとこもいいですね。

DSCN4219.jpg

広げた時の大きさの差はそこまでありませんが、

こうして見ると、革?といいますか、質の違いが分かります。

超撥水アンブレラの方は内側の部分が見えませんが、

私の折り畳み傘はうっすらと透けて見えています。

厚さの違いがあるので、革も破れにくそうです。

DSCN4210.jpg

では、一番重用でもある[水を弾き返す威力]ですが、

私がこれまで利用してきた傘とは圧倒的な違いを感じさせられました!

というよりも、何故水がかかっているのに触っても濡れてないの!?

と思わされる弾き返す効果です!


DSCN4234.jpg

実は見えないだけで濡れてるんじゃ・・・と思いティッシュを被せて見ましたが、

水滴を吸収するといった事はありませんでした。

DSCN4240.jpg

これまで利用していた私のにも同じように水をかけてから、

両方を広げてみました。

やはり明らかに違いが分かります。

弾けずに染み込んでる私の傘に比べ、超撥水アンブレラ colontコロントは何も変化がありません。

これは本当に凄い便利な物を頂いたなと改めて思いました!

画像だけでは分かりずらいと思いますので、動画も上げておきます。

いかに弾じく効果が凄いかを是非みて頂きたいです♪

画像の説明文


Secret