クチコミ 2018.04.22 (日)
DSCN4707.jpg


こちらの商品は遊び感覚で俳句を作る事ができるといった、

余り目にしないような物なので、ちょっと楽しみと不安がありました。

というのも、私は俳句を作る事事態がかなり苦手なので、ゲーム感覚とはいえ、

ちゃんとできるかなと、今までにないタイプの不安です。

DSCN4710.jpg


とりあえず中身を開けてみましたが、カードと紙の束、説明書らしきものが入っていました。

まずはルールの確認が大切なので、一通り全部呼んでみました。

DSCN4712.jpg


季語お題助詞切れ字の4種類のカードがあり、

トランプの束のように重ね、文字が見えない方を表向きに置いて、

4種類1枚ずつカードを引いていきます。

そのカードに書かれた文字を利用して俳句を作るのがルールのようです。

カードの右上に3ー6など数字が書かれているのもありますが、

その場合はすべての文字ではなくても最低3文字利用すればルール上OKのようです。

DSCN4714.jpg



俳句の作るルール事態にもまだまだ細かな内容があり、

多人数で遊ぶ際に必要なルール内容も書いてありました。

全部書いていくとかなり長くなるので書きませんが、

単純に出来上がった俳句を全員で評価しては点数をつけるようなものでした。


ここからが本題のようなものですね。

早速私もやってみたいと思い、カードをまず引いてみました。

その結果がこの4枚・・・・
DSCN4716.jpg



想像をしていた程、真面目な用語ばかりではなく、

初っ端から予想もしていなかった文字が1枚ありました!

俳句そのものの基本を調べてみたのですが、

この引いたカードの文字数や内容からして

大体のところは決まっています。

ドロップキックのお題カードに4から7と数字が書かれていましたが、

4文字だとドロップしか使えないですし5・6文字といっても中途半端になりますし、

というより、ドロップだけだと【飴】になるのでお題がかなり変わってしまうのもあるので、

文字数は変えずに俳句を作るしかないかなと思いました。



切れ字の【ぞ】前の文字の意味を強調する為の言葉らしいのですが、

使い方が難しいです。

残りの4文字を考えないといけないという事になった分けですが、

どんなに時間をかけても難しい難題に思えました。


文字数を1・2文字増やす事もルールー上可能のようですが、

その場合は減点
らしいです。

カードをもう一枚引いて、お題の言葉を変える事もできますが、

もしも2枚中片方でも使わなかった言葉があった場合は減点

両方使えばカードに付いている☆マークの分だけ点数が加算されるようです。


この状況からしてのカード追加は厳しいと思い、やはりこのまま考えるしかないように思えました。
DSCN4723.jpg


俳句って難しいですね!!


何とか無難に作りましたが、元からある程度言葉も決まっていたような物なので、


もう一度チャレンジしてみました!



※ここまでの使用時間 4時間



DSCN4724.jpg

お題からして既に難しいという以前に縁起が悪いような・・・


2回目は文字数が少ない事から、大体のところは自分で考えないといけなさそうです。


それで俳句を何とか作り、出来上がった俳句を友人に見て貰ったのですが、


NG!それは辞めたほうが良いとの感想でした。


母というよりは母国、日本の事をテーマにした俳句だったのですが、


人の見方によっては違う目線で嫌悪感を感じるかもという事だそうです。


※俳句2つ目が出来上がるまでにかかった時間、約2時間30分





私がこの [ゲームで俳句作り 俳聖]で使用した感想ですが、


初心者でもできるゲームではないと思いました。


ある程度の言葉の知識だけでなく、物事の経験も無いと難しいと思います。


そして初心者がする事での大きな時間のかかり方からして、


多人数で遊ぶというのは、本当に俳句が苦手だと思う方は辞めたほうが良いと思いました。


無理に作ろうとしても作れるものでもないですし、ゲーム不参加になるだけだと思います。


ゲーム感覚という言葉だけでは何も想像できないので、


たぶん私には無理だろうなと思ってコメントもしていましたが、本当に駄目でした。


あとは、俳句そのものの勉強はやはりしないと無理だという事が分かりました。


カードに書かれている言葉に、この言葉はどういう意味?どのように使うのかの説明もなかったので、


ネットで検索して調べることで理解できましたが、もし商品だけだった何もできなかったと思います。




この商品が特別悪いという事はなく、最初から俳句が好きな方には良い商品だと思いますので、


遊び感覚でありながらも、新しい良い俳句が作れるのではないかと思います。


画像の説明文



Secret