日記 2019.06.03 (月)
今年の気温は異常で異常で、

もう夏!?ていう暑い日が続きましたね。

エルニーニョ現象が原因らしいですが、

ようやく通り過ぎてやや涼しくなってきましたよ。


DSCN8459 (2)


さて、今日は夕食にお試しさせて頂く商品があります。

株式会社筒井製絲様から頂きました高級なレトルトカレー、

セントラルホテル鴨島で愛され続けているビーフカレーをレトルトにしてみました。


です・・・名前が長っ!!

ここまで長いとついつい読んじゃって記憶に残っちゃいますね!


DSCN8460 (2)


徳島県吉野川市という所の特産品らしいです。

徳島って何が名産ってイメージが余り浮かばないなぁ・・

詳細を読んで見ても、

何か特別なこだわりがあるようにも思えないですし、

以外と何時も食べているレトルトカレーみたいな味なのでは?

という第一印象。

とはいえ、こだわりを堂々を明かしたら独自性が無くなるので、

これは食べてみたら分かるタイプなんでしょうね。


DSCN8461 (2)


さっそくお試しに食べてみたいと思うので準備にかかります。

株式会社筒井製絲様が作られたカレーの味わう為にも、

あまり大げさなアレンジはしない方が良さそうに思え、

ちょっと高級な【つくね(九州産)】を加えてみました


DSCN8462 (2)


何やらお皿に盛りつける前にもこだわりがあるみたいで、

お湯で温め終えたら端っこをもって振る事で、

より美味しく食べれるみたい!


DSCN8463 (2)


レトルトカレーでこのような作業は初めてです。

本当に色々こだわってるなぁと思いました。

ビーフが切口から中々でずに詰んだので、

何時もよりも大胆に開封した方がよさそうに思える程の大きさ!




実食タイム♪

DSCN8465 (2)


見た目的には何時も見るようなレトルトカレーの色ですね。

スパイシーにもこだわってるみたいですが、

香りもそこまで特徴は感じないかなと思いました。

お口に入れる事できっと香りへのこだわりが伝わりそう。


さっそく一口食べてみたのですが。

老若男女、誰でも美味しく食べれるようにこだわった味ですね。

辛さも特に無いですし、

ほのかな甘みのある家庭的なカレーの味に近い感じの味なのですが、

牛の香りがここまでハッキリ分かるカレーで美味しい♪


中に入ってるこのビーフ本体、

DSCN8464 (2)

私の好きな脂身の部分も付いたカ所がごろごろ入ってて、

期待通りの美味しさでした!

ホテルのカレーというだけに、

家庭料理ではこの美味しさは作れないですね。

1パックだけでは物足りないので、

もう1パック食べたくなりましたが、

高級なだけにお値段もお高いレトルトカレー。

貴重な美味しいお味を味合わせて頂きました♫



↓送料無料キャンペーン中です(2019年 6月3日現在)↓
画像の説明文




Secret